一般社団法人日本ホウ酸処理協会

JBTAホウ酸処理研修施設開設
JBTAホウ酸処理研修施設開設

1/1 スケールの木造建築モデル プレスリリース

ホウ酸処理による木造建築の長寿命化と資産価値向上のため、施設内部に建設された「1/1スケールの木造建築モデル」を用いて、限りなく現場に近い環境での技術向上・開発・検証をすることにあります。将来的には、ホウ酸による木材劣化対策の研究実験施設としての展開を行っていくための施設です。 全国にあるJBTA加盟の施工店に向けての施工研修のほか、座学による研修を毎月開催していく予定です。 お問い合わせはこちら

※建築会社、設計事務所、他建築業界に関わる方向けの勉強会とさせていただいております。
恐れ入りますが、一般の方のご参加はお断りさせていただいております。あらかじめご了承下さい。

ホウ酸ゼミナール

既存の防虫処理を使い続けていませんか?
【ホウ酸処理は今後のスタンダードになります。】
ホウ酸処理協はホウ酸処理の普及に尽力しています。ぜひこの機会にお聞きください。

スクリーンショット 2014-02-28 13.22.37.png

完成

日本ホウ酸処理協会プロモーションビデオ

新築住宅も、中古住宅も、たった一度の劣化対策で、いつまでも「けんこう・ながいき住宅」を実現できます。

新商品 ホウ酸の弱点を補い、強みに変える!

ボロン de ガード工法専用「ホウ酸溶脱防止剤」

ホウ酸溶脱防止剤.png

ホウ酸処理に使用する「ホウ酸溶脱防止剤」を2014年8月より発売いたしました。これにより、雨対策のバリエーションを拡充し、木材からの溶脱をより抑えることが可能となります。

日本ボレイトと日本ホウ酸処理協会が「新築地下シロアリ5年保証」を開始!

15年保証、10年保証に続くラインナップ

(一社)日本ホウ酸処理協会(以下「JBTA」)は、2014年1月1日より、「新築地下シロアリ5年保証」(以下「新築5年保証」)の運用を開始しました。これまでにも「新築地下シロアリ15年保証」(以下「新築15年保証」)などの長期保証を運用して参りましたが、新築5年保証の要望も多く、今回ラインナップに加えました。保証期間は5年と短期ですが、新築15年保証と同じく、JBTAが認定する「ホウ酸施工士」による責任施工が必要となります。

ボロンdeガード工法新築5年保証ボロンdeガード工法新築5年保証

JBTA会員向けお知らせ。

ホウ酸施工士・アドバイザー講習のご案内

※開催済み講習のページはこちら

日時 研修種別 エリア 会場 備考
2018.5.24更新研修岡山岡山国際交流センター5F会議室1
2018.5.25更新研修福岡博多バスターミナル第15ホール
2018.6.6新築研修愛知名古屋国際会議場135会議室
2018.6.19新築研修埼玉JBTAホウ酸処理研修施設
2018.6.20既存研修埼玉JBTAホウ酸処理研修施設
2018.6.21劣化対策アドバイザー(防腐・防蟻措置)講習大阪新大阪丸ビル 本館 501号室
2018.6.21実地研修(既存)埼玉JBTAホウ酸処理研修施設
2018.6.22実地研修(新築)埼玉JBTAホウ酸処理研修施設
2018.6.26劣化対策アドバイザー(防腐・防蟻措置)講習福岡博多バスターミナル 第1ホール
2018.6.27新築研修福岡博多バスターミナル第14ホール
2018.7.13劣化対策アドバイザー(防腐・防蟻措置)講習東京フォーラムミカサエコ 7F会議室
2018.7.24新築研修埼玉JBTAホウ酸処理研修施設
2018.7.25既存研修埼玉JBTAホウ酸処理研修施設
2018.7.26既存研修愛知名古屋国際会議場135会議室
2018.7.26実地研修(既存)埼玉JBTAホウ酸処理研修施設
2018.7.27既存研修福岡博多バスターミナル第15・16ホール
2018.7.27実地研修(新築)埼玉JBTAホウ酸処理研修施設

※受講料:新築研修 3,240円/既存研修 5,400円 既存研修再受講 3,240円/劣化対策 5,000円

ホウ酸施工士とは、ホウ酸(ティンボアPCO)の弱点や腐れのメカニズム、シロアリなどの特性などを理解したうえで施工を行うプロフェッショナルで、ホウ酸による防腐防蟻効果を最大限発揮させるために必要な知識及び技術を修得し、JBTAが実施する認定試験に合格した者を言います。
必ず全ての研修を受講し知識武装をお願いいたします。

また、既取得者の方にも繰り返しの研修受講をお勧めします。
研修では施工技術のみならず、営業における成功例や失敗例を紹介しています。
全国で活躍されている会員様達の情報が共有できる熱い研修となっています。
是非、繰り返し受講して日本に正しいホウ酸処理を広めていきましょう

ホウ酸による防腐防蟻をご紹介するツールをご用意しました。

PDFファイルでご用意しました。どなたでもご活用ください。

ちらしお金をかけずに・・.pngちらしお金をかけずに・・.png
ダウンロードはこちら(PDFファイル)

ホウ酸処理はロングライフ住宅(ながいき・けんこう住宅)に最も重要な工程で、世界では常識です。

正しいホウ酸処理をマニュアル化し、全国主要都市にて定期開催する各種スクーリング研修や各種現場研修をはじめ、各種DVD教材やホウ酸施工士育成番組の提供など、多彩な教育プログラムを会員向けに提供している機関は他にありません。
正しいホウ酸処理は、ロングライフ住宅(ながいき・けんこう住宅)の根幹となる最も重要な工程として世界では常識です。しかし、日本では2012年3月に長期優良住宅に適合したばかりであり、正しいホウ酸処理を行える施工員の育成が急がれています。
JBTAでは、ホウ酸処理のプロフェッショナルとして、防腐防蟻業界を牽引する人材を育成しています。

P7250175-M.jpg

JBTA認定「ホウ酸施工士」取得のための新築研修、既存研修を毎月開催しています。

2014年4月に義務化!JBTA認定「ホウ酸施工士」

ホウ酸施工士とは、ホウ酸(ティンボアPCO)の弱点や腐れのメカニズム、シロアリなどの特性などを理解したうえで施工を行うプロフェッショナルで、ホウ酸による防腐防蟻効果を最大限発揮させるために必要な知識及び技術を修得し、JBTAが実施する認定試験に合格した者を言います。
JBTAでは、ホウ酸(ティンボアPCO)による防腐防蟻施工は、2014年4月よりホウ酸施工士の義務化を予定しているため、続々とホウ酸施工士が誕生しています。
Fotor08229535.jpg

20130704設立総会.JPG

日本ホウ酸処理協会が設立総会を開催

7月4日、一般社団法人日本ホウ酸処理協会の設立総会が行われました。正しいホウ酸処理の普及と保証制度の保全を活動の柱とし、以下にあるような協会員の目標を発表しました。

来年度までに木造新築における保存処理のシェア2%を目指します。そのための商品戦略としてホウ酸入りの防蟻基礎断熱材などのOEM供給やホウ酸処理木材の供給をおこなっていく他、インスペクション業務を試験的にスタートさせます。また、専門知識や技術を習得した人材を育成する「ホウ酸施工士」制度を創設し、プロフェッショナルネットワークを形成します。

7月3日「ホウ酸施工士」講習及び試験を実施

7月3日、一般社団法人 日本ホウ酸処理協会認定「ホウ酸施工士」講習及び試験を行いました。
全国から30名の受講生が東京に集結、朝から夕方まで現場施工の話から関連法規まで、たっぷりと学んでいただきました。
ホウ酸の特性やシロアリの特性を理解し、かつ、ホウ酸処理技術を持ち合わせると、ホウ酸による防腐防蟻の効果を最大限発揮させることができるようになります。
ホウ酸施工士は、再処理不要の防腐防蟻(腐れ対策、シロアリなどの害虫対策)を責任を持って行うホウ酸処理のスペシャリストです。ロングライフ住宅(ながいき・けんこう住宅)をサポート致します。
ホウ酸施工士講習.jpg

JBTAホウ酸施工士研修風景

Fotor083094954.jpg
毎月、福岡、大阪、名古屋、東京のうち2〜3会場にて、ホウ酸施工士育成研修を実施しています。ホウ酸施工士のさらなるスキルアップが目的に実施されていることから、各人のスキルが着実に向上します。

ロングライフ住宅を実現する劣化対策!

最上級の責任施工「ボロンdeガード工法」の意義

ロングライフ住宅「ながいき・けんこう住宅」)を実現!

ボロンdeガード工法は、新築、既存住宅を問わずロングライフ住宅、つまり「ながいき・けんこう住宅」を実現させます。
マイホームの劣化(老化)は、防腐防蟻効果が切れると否応無しに進行します。
ホウ酸を木部に処理すると”腐らない”、”害虫にも被害を受けない”、結果的に地震にも強い住宅を実現する優れた木材保存剤で、そこにホウ酸がある限り効果を発揮し続けることから、いつまでも若々しいマイホームを提供することができます。
日本の住宅は、寿命が30年と言われ、現に築15〜20年で不動産価値がゼロになり評価されません。私たちJBTAは、何世代にもわたり住宅を維持できるようロングライフ住宅を普及させ、また、正しい知識を持って施工する施工員の養成を意義に活動を行っています。

ボロンdeガード工法についての詳細はこちら
施工風景02.jpg

JBTA認定施工員による正しいホウ酸処理を行います。

欧米では、主にホウ酸による防腐防蟻が常識!

防腐防蟻の木部処理は一般的にホウ酸が使われています。米国では、農薬系を予防の目的に使用することは許されていません。

H26年4月〜JBTA認定資格「ホウ酸施工士」義務化!

ホウ酸処理は、知識不十分のまま工事を行うと期待通りの効果を得ることができず、むしろ危険な状態となります。
正しいホウ酸処理を知り、シロアリや腐れの特性を知り、ホウ酸処理のプロフェッショナルとして、常に防腐防蟻業界を牽引するため、2014年4月より、新築工事、既存工事問わず全てのホウ酸処理についてJBTA認定資格「ホウ酸施工士」による施工を義務化することに致しました。
ホウ酸施工士認定カード.jpg

正しいホウ酸処理の重要性

正しいホウ酸処理は、お施主様の住宅(不動産)の価値を高め、生活を豊かにします。
しかし、その反面、誤ったホウ酸処理や誤った防腐防蟻処理は、住宅貧乏を招き、お施主様の生活を悪化させることに直結します。
「劣化する住宅」は、不動産価値がゼロになり、早期建て替えの必要が生じます。「劣化しづらい住宅」であれば、ロングライフ”ながいき・けんこう住宅”であり、建物への資金を最小限にすることができ、それが、生活のゆとりに直結することになります。
不動産の劣化は、売買や貸借に大きな影響を及ぼすことになることから、正しいホウ酸処理はお施主様にとって大変重要なものとなります。

正しいホウ酸処理だからこそ、安心安全で再処理不要の”ながいき・けんこう住宅”、つまりロングライフ住宅の提供を実現致します。

全国主要都市において施工店ネットワークを構築しています。一部のエリアを除き、施工を承ります。
ホウ酸による防腐防蟻対策は、長期にわたりお家を若々しく保つことができる優れた木材保存剤ですが、
施工員の知識、技術に比例して効果が高まります。シロアリ等の害虫の特性を研究し、化学に基づいたホウ酸処理をマニュアル化したボロンdeガード工法の採用をご検討ください。
施工エリア拡大中!.jpg施工エリア拡大中!.jpg

2012年、ホウ酸による防蟻剤が長期優良住宅に適合し、一般住宅への施工依頼が急激に増えています。
ホウ酸によるシロアリ対策(防腐・防蟻処理)は、再処理不要で、その効果は低下しません。
世界では、既に常識となっていますが、日本では長期優良住宅への認定が遅れ、健康住宅思考の建物のごく一部でしか使用されていませんでした。
長期優良住宅に認定された昨今、ホウ酸によるシロアリ対策を選択しない理由が見当たらず、必然的に今後の常識になると思われます。
当協会では、「ボロンdeガード工法」の施工店を募集し、ホウ酸の特性や効果を熟知し、シロアリや腐れなどによる木部の劣化に対する知識を習得した「ホウ酸施工士」を育成しています。

尚、当協会規定により、工務店様、ビルダー様にはご入会いただけませんので、予めご了承くださいますようお願いいいたします。


認定施工店募集中!詳しくはこちら

  • ※日本ホウ酸処理協会本部 日本ボレイト株式会社のホームページにリンクしています。
  • ※日本ボレイト社のホームページのお問い合わせフォームからご用件を入力し、お問い合わせください。
  • ※施工依頼、見積もり依頼の場合は、お近くの施工店よりご連絡をさせていただきます。


日本ホウ酸処理協会とは、ホウ酸処理施工に関する技術開発や施工指導などを目的として設置される任意団体です。
ホウ酸による木材保存剤は一定以上の知識や技術を習得した技術者の責任施工により、その性能を最大限発揮することができるようになるため、正しい知識、技術を習得した協会員が施工した新築住宅においては、業界唯一の15年保証を可能としています。

日本ホウ酸処理協会概要はこちら

3つのナンバー1 ホウ酸によるシロアリ対策

バナー01-W200XH100.jpg

バナー03-W200XH100.jpg

バナー04-W200XH100.jpg

バナー02-W200XH100.jpg

施工風景01.jpg
ホウ酸による防腐防蟻処理は、正しい知識と正しい技術が無ければ期待通りの効果を発揮させられません。
ホウ酸の特性、シロアリ、腐れの特性を学び、ホウ酸のメリットを十分に発揮させるのはJBTA認定ホウ酸施工士です。
施工風景02.jpg
ホウ酸施工士認定試験で、合格をしたホウ酸施工士が、「自分の家のつもり」を合い言葉に、「心・技・体」に加え「知」を磨きあげた責任ある施工を行います!