バナー素材集 of JBTA 日本ホウ酸処理協会

ボロンdeガード工法新築ちらし1.jpg

WEB素材をご用意いたしました。JBTA会員様は、ご自由にご使用いただけます。

シロアリは、正しい知識で予防すれば怖くない

バナー05-W200XH100.psdたった一度の予防処理で、シロアリは怖くない!
シロアリとは、木造家屋などの木部を食い荒らすことで知られ、世界各国、日本全国に分布しています。
自然界では、木のセルロース繊維をタンパク質に変換できる数少ない昆虫で、たいへん重要な役割を持っています。しかし、木造家屋をも食い荒らしてしまう害虫として嫌われているのも事実。
その対策として、シロアリを寄せ付けず、その効果を持続させることで、なんら嫌う必要がなくなるのです。シロアリは、正しい予防知識と技術があれば、何ら怖いものではありません。


日本従来のシロアリ対策では不十分

バナー06-W200XH100.psd外来種 アメリカカンザイシロアリが猛威を振るっています。
日本では、ヤマトシロアリ、イエシロアリが一般的で、いずれも地面から家屋に侵入してくることから、地面より1M以内の部分に対して防腐防蟻処理(腐れ防止、シロアリ対策)を施すことが建築基準法で定められ、これが日本のシロアリ対策の常識となっていました。
しかし、外来種、アメリカカンザイシロアリが日本全国に飛び火し、日本の建築業界を震撼させています。日本従来のシロアリ対策では通用しないことがわかってきたからです。
ただし、正しい予防知識と技術があれば、たとえ外来種であっても、何ら怖いものではありません。


外来種アメリカカンザイシロアリ 〜日本の木造家屋は、今、危険な状態〜

バナー07-W200XH100.psd日本の木造家屋は、今、危険な状態。
外来種のアメリカカンザイシロアリが、日本で猛威をふるうようになり、日本の建築業界に激震が走りました。その被害は深刻で、木造家屋の大半が侵食されているエリアも多々確認され、NHKのクローズアップ現代でも特集をされるほど。
働きアリが土壌から侵入してくる日本のシロアリと異なり、羽アリが建物のいたるところから侵入するアメリカカンザイシロアリには、日本従来のシロアリ対策では太刀打ちできません。
しかし、正しい予防知識と技術があれば、たとえ外来種であっても、何ら怖いものではありません。


ホウ酸のシロアリ対策システム「ボロンdeガード工法」

バナー09-W200XH100.psd予防に絶大な効果を発揮します。
長期間効果が持続するシロアリ予防の「ボロンdeガード工法」。
有効成分にホウ酸を使用した木材保存剤をプロの技術者が施工処理することで、最大15年の保証を付与することができる責任施工システムです。
ホウ酸は、シロアリ対策・木部の腐れ防止・防虫に対して効果を発揮し、しかも、長期間その効果を持続させ続けることができる特徴を持っており、再施工、再処理をすること無く、いつまでも予防効果を期待することができます。人間の体にも優しいことから、世界では常識の木材保存剤です。


バナー01-W200XH100.jpg

バナー03-W200XH100.jpg

バナー04-W200XH100.jpg

バナー02-W200XH100.jpg

バナー05-W200XH100.psd

バナー06-W200XH100.psd

アンケート用画像3-1.psd

アンケート用画像3.psd

バナー08-W200XH145.psd

バナー09-W200XH100.psd

バナー07-W200XH100.psd

バナー13-W210XH320.jpg

バナー21-400X220.jpg

バナー15-W450XH300.jpg

バナー17-400X220.jpg

バナー19-400X220.jpg

バナー14-W300XH181.jpg

バナー23-450X324.jpg

バナー12-W250XH930.jpg

バナー24-279X1106.jpg

バナー25.jpg

バナー16-825X450.jpg

バナー18-825X450.jpg

バナー20-825X450.jpg

バナー22-825X450.jpg

バナー10-W950XH650.jpg